手軽に資金を得られる方法

>

条件に一致する補助金や助成金

申し込む時期が決まっている

地域活性化のために事業を進めている会社、社員の育成に力を入れている会社など、補助金や助成金を受け取れる会社には条件が決まっています。
ただ事業を行っているなら全員がもらえる制度もあり、探せば自分が該当する補助金や助成金を見つけられると思います。
申し込める期限が決まっているので、それまでに済ませてください。

申し込む際は、条件を満たしていることを証明できる書類を提出しなければいけません。
例えば社員の育成に力を入れているなら、研修の内容をまとめた書類を作成しましょう。
そして、その通りに研修を行ってください。
申請だけして、実際は全く研修をしていないと嘘をついたと判断されます。
すると補助金や助成金が支払われても、返済するように命じられるかもしれません。

会社の情報を提供しよう

クラウドファンディングで、資金調達を進めてください。
サイトに会社の名前や代表者の名前などを入力するだけでクラウドファンディングを始められ、手軽という面が人気の理由です。
しかしそれだけでは、誰も自分がクラウドファンディングをしていると気づいてくれません。
資金が集まらないので、SNSなどで事業内容を詳しく説明してください。

クラウドファンディングは期限までに目標金額を超えないと、資金を得られません。
ですからまとまった資金が必要なら、長めの期限を指定することをおすすめします。
さらに資金を受け取れたら返済する必要はありませんが、お礼を述べてください。
礼儀正しく出資者にお礼を伝えると、今後も会社を応援してもらえます。


この記事をシェアする